TAOと福島リラが語る『ウルヴァリン:SAMURAI』この2人って誰だ?



 
9月13日に日本で公開された映画
『ウルヴァリン:SAMURAI』に
2人の日本人女性が出演しました。

モデルのTAOさんと
福島リラさんの2人は
なぜ大抜擢されたんでしょうか?
 

スポンサーリンク


2人のプロフィール

アメリカ・オーストラリア合作で
制作された映画
『ウルヴァリン:SAMURAI』に
2人の日本人モデルが出演しました。

 

TAOさんと福島リラさん

 

日本では露出度が低いため
あまり知られていません。

 

TAO(たお)

TAO(たお)

 

福島リラ(ふくしまりら)

福島リラ(ふくしまりら)

 

それではまず
TAOさんについて書きます。

 

日本国外ではTao Okamoto
として有名で、ニューヨークやパリでも
モデル事務所に所属
世界各国で活躍されています。

 

TAO(多緒)さんの名前は
タオイズム(道教)から
とったものらしいです。

 

一方の福島リラさんは
謎多き女性ですよね。

 

旧芸名がRILA
さんと言って、世界中で
モデルとして活躍中されています。

 

その他には
レニー・クラヴィッツの
「Where Are We Runnin’」
ミュージック・ビデオに出演したり

 

2014年放送NHK大河ドラマ
「軍師官兵衛」
出演することが決定したそうです。

 

年齢なんですが…
以前とある番組で
「四半世紀は生きている…」
と発言しているため
おそらく25歳以上でしょう。

 

25歳~28歳くらいですかね。


スポンサーリンク


『ウルヴァリン:SAMURAI』について

この映画の元ネタは
言わずと知れた
アメリカン・コミックの『X-メン』です。

 

映画化されてからは
『ウルヴァリン:SAMURAI』
シリーズの6作目
ウルヴァリンシリーズとしては
2作目となります。

 

今回は日本が舞台と言うことで
多数の日本人が
出演しています。

 

出演者の中に
今回の記事で取り上げている
TAOさんと福島リラさんがいるわけです。

 

その他には、ヒュー・ジャックマンが演じる
ローガン(ウルヴァリン)の敵役として
真田広之さんが
出演されています。

 

ついでと言ってはなんですが
TAOさんと福島リラさんが映画について
コメントされていますのでご覧下さい。

 

最初はTAOさんから

TAO『ウルヴァリン:SAMURAI』

 

それから福島リラさんです

福島リラ『ウルヴァリン:SAMURAI』

 

2人のこの映画にかける気持ちが
表情からも見てとれます。

 

この映画に興味がない方でも
楽しめそうな感じじゃないでしょうか?

まとめ

このところ色々な分野で
日本人が世界中で活躍しています。

 

日本人はもともと
自己主張が苦手な民族だと思いますが
それは不言実行の精神から
きているんではないでしょうか?

 

多くを語らず仕事をこなす。

 

この日本独特の文化が大好きですが
最近では
自己主張をしないと損をする…

 

それだけではなく
言葉に出すことで
自分にプレッシャーをかける

 

これによって

 

やらなくてはならない状況を作り出すことが
成功への近道になる
と言われたりしてます。

 

その通りだと思います…

 

人間それほど強くないですから
やらなくてはならない状況に
自分を追い込むのは
有効な手段ですよね。

 

むかしの武士や軍人は
多くを語らずに
仕事ができたんでしょうね。

 

古き良き日本文化を変革することで
世界に通用する新しき日本文化を
形成して行くんだと思います。

 

そう言う意味では

 

TAOさんと福島リラさんをはじめ
多くの世界で活躍されている日本人は
すぐれた日本文化を
世界に伝える役割を
荷っているんだと思います。

 

海外からも日本精神を表に出すことが
求められているのかもしれませんね。

 

そのための大抜擢だったかも…

 

これからの日本人に
多いに期待しましょう!

 

 

水原希子

 

1位水原希子の髪型に注目!映画でも本領発揮?

2位水原希子が「情熱大陸で歌っていた曲」って2NE1?

3位水原希子が「失恋ショコラティエ」で魅せた衣装

4位水原希子の髪型は【ボブ】インスタでチェック!

5位水原希子の妹「ドトール」のポスターは佑果!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す