田中将大「連勝ストップ」楽天が崖っぷちに…星野監督はどうする?


 
まさか…田中将大投手の連勝が
ストップしてしまいました。

逆王手をかけられた楽天が
背水の陣で挑む第7戦で
東北の夢は花開くか?
 

スポンサーリンク


こだわり続けたストレート

11月2日Kスタ宮城で星野監督が胴上げ…
簡単には行きませんでしたね。

 

今季シーズン
24連勝無敗
大エース登板!

 

誰もが初の日本一を
待っていたでしょう。

 

ところがまさかの敗戦で
逆王手をかけられて崖っぷちに…

 

ちなみに、田中投手の
連勝記録は継続中です。

 

なぜならオールスターや日本シリーズは
公式記録には含まれません。

 

もちろんCSも含まれませんので
現在の連勝記録は
昨シーズンから続いている
28連勝です。

 

今年の日本シリーズ、星野監督は
楽天初の日本一、そして自身初の
日本一がかかっています。

 

※星野監督の
過去の日本シリーズについては
下記の記事を参考にして下さい。

 

星野監督が日本シリーズで勝てない理由は?

 

短期決戦での星野監督の傾向は
特定の選手にこだわり続けて
勝機を逸してしまう
ことが多かったです。

 

しかし今年の日本シリーズでは
第1戦の先発を田中投手ではなく
則本投手にする奇策を見せました。

 

日本シリーズ第1戦でエースを外して
第2戦を確実に獲りに行く…

 

短期決戦ならではの奇策で
田中投手との信頼関係が硬くなければ
できない作戦だったと思います。

 

この作戦で優位に立った楽天が
最後の仕上げで臨んだ第6戦でした。

 

まさか…ですよね。

 

田中投手が打たれることは
計算外だったでしょう…

 

なので、あとは
打線の奮起を期待
するしかない
田中投手(マー君)で
負けたらしょうがない。

 

そう言う声も
たくさん出ていました。

 

ここで少し考えてみたいのですが
昨日の試合で田中投手は
一打逆転の場面で
高橋由伸選手に対して
ストレートを連投しました。

 

ストレートに対して
絶対の自信があるんでしょうが
高橋選手はストレートに強い選手です。

 

短期決戦は1つの敗戦が
致命傷になるので
細心の注意が必要になってきます。

 

もう少し冷静な判断が
ほしかったところです。

マー君を引っ張りすぎたのでは?

今年の日本シリーズでの星野監督は
定石を破った選手起用で
ビックリさせてくれましたが
昨日の試合ではどうだったでしょうか…

 

決めに行った第6戦ですので
田中投手に託す
この選択は間違いではないでしょうが
2-2になった時
変えるチャンスはあった
と思います。

 

5回を投げ切れば勝利投手の権利?

 

まさかそれは関係ないでしょうが
シリーズを託したエースに
交代とは言えなかった
のではないでしょうか?

 

通常で考えればあの場面
田中投手以上のピッチャーはいない
と思いますが、短期決戦ですから
できることは全部
やるべきだったかもしれません。

 

若さもあるのかもしれませんが
田中投手は、ここぞと言う時に
ムキになる…

 

そんな傾向があるようです。

 

それは、ときに好転しますが
最悪の結果を生む
こともあります…

 

僕の個人的な考えなのでしょうが
過去の日本シリーズで勝った監督は
非情であり、できることは
実行していたと思います。

 

もちろん短期決戦の戦い方に
限ってのことですが…

 

もう一つは、6回も
続投させたことでしょう
3-2であれば、まだ
可能性はあったと思います。

 

最後まで投げたい…

 

これは許されることでは
無いと思います。

 

星野監督は
「代われと言った」

 

この代われはご苦労さんなのか?
まだ勝利の可能性があるからなのか?

 

明らかに
ご苦労さんだったと思います。

 

もちろん代わったからと言って
逆転できなかったかもしれません。

 

でも、やれることは
やってほしかったですね。

 

最後まで投げ切ったことは
立派だとは思います。


スポンサーリンク


僕は星野監督の人間性が大好きですし
2003年に阪神を優勝させてくれたことに
大感謝しています。

 

でも、短期決戦には向いていない
改めて感じているところです。

 

それにしても

 

ここぞと言う時の
讀賣ジャイアンツの集中力は
いつの時代も伝統的に凄い
ですね…

 

さすがに脱帽します。

 

極めて難しい状況になりましたが
楽天の選手の意地に期待します。

 

絶対的エースで負けた後の試合…
復興の中での日本一の夢…

 

さまざまな期待と
プレッシャーがあるでしょうが
仙台のファンの、否、日本中の
プロ野球ファンの前で

 

今年一番のド根性を見せて下さい!!

 

最後に両チームの選手の皆さん
楽しい日本シリーズを
ありがとうございます。

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す