【新宿ダッシュ、ダッシュ海岸、ダッシュ島】あなたのお気に入りは?


 
1月22日放送の鉄腕ダッシュSPは盛り沢山でした。

新宿ダッシュでは、ビルの屋上で芽が出た話
ダッシュ島では、反射炉のレンガの話
ダッシュ海岸では、山口くんの伝説級の発見の話

番組の中で印象に残った場面をお伝えします。
 

スポンサーリンク


ほうれん草とカブのタネ

新宿の街に、人間と動物たちが一緒に暮らせる
新しいふれあいを作るために始動した新宿ダッシュ。

 

そのベース基地となる新宿のビルの屋上に
いよいよ芽が出る時がやって来ました。

その芽は、2016年のクリスマスに蒔いたタネの芽で
ダッシュ村でお世話になった三瓶明雄さんにもらった

 

ほうれん草とカブのタネです。

明雄さんのタネ

トンネルハウスで畝で、1月3日の早朝に、ほうれん草もカブも元気に芽吹き
その様子はカメラに映っていました。

 

さらに数日後、太一くんとリーダーが様子を見に来ました。

 

日当たりのいい屋上で、すくすく育つ姿に2人の会話も弾みます。

 

すると、驚きの声が…

 

それは喜びの声ではありません、異変に気づいた声です。

 

どうやら、ほうれん草に何かが起きたようです。

 

なかなか、順調にはいかないですね。

30トンの耐火レンガをダッシュ島に搬入

ダッシュ島では、反射炉のレンガの話が印象に残りました。

 

岡山県備前市で、リーダーとADさんたちが焼き上げた1万個の耐火レンガ
現場の人たちのサポートもあって、反射炉を作るレンガは確保出来ました。

 

重さは、およそ30トンです。

耐火レンガ輸送

そのレンガを船に積み込んで、ダッシュ島に運搬するのですが
船を操作するのは山口くんです。

 

いつもよりも大きな船の操作に、山口くんも緊張していました。

 

ダッシュ島では松岡くんが待ち受けていました。

 

さあ、今度はリーダーの出番です。

 

重機を操作して、30トンのレンガを船から下ろしてしていきます。

 

1個たりとも落として割ってしまうわけにはいかない緊張感。

 

いつもながら、ベテランの技でした。


スポンサーリンク


このレンガが、反射炉の形になるのはいつの日でしょうか?

絶滅危惧種を発見

さあ、次はダッシュ海岸です。

 

またしても、山口くんが絶滅危惧種を発見しました。

 

それは、2年前にも発見した“ヤツ”でした。

 

「なにこれ?」

 

と山口くんが言いながら、石に食いつく生き物を持ち上げて
カメラのその姿を向けます。

 

そう、それは2年前にも山口くんが多摩川で見つけた

 

スナヤツメです。

 

「すごい!しかも目がある!」

 

そういったのは、海洋環境専門家の木村尚(たかし)さんです。

スナヤツメ

通常、目は退化して開かないとされているのですが
今度のスナヤツメは、パッチリと目が開いています。

 

ダッシュ海岸をサポートしてくれる木村さんも
図鑑でしか見たことがないと言っていました。

 

伝説級だよ!

 

という言葉も漏れます。

 

この日は、アユが目当てだったのですが
またしても、山口くんが奇跡を引き寄せてしまいました。

 

これだから、TOKIOの鉄腕ダッシュは面白いですよね。

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す