女流書道家【話題の矢部澄翔】を知ってる?OLから書道家へ



 
女流書道家の
矢部澄翔さんを知っていますか?

矢部澄翔さんを知っている
とゆう人、もしくは
矢部澄翔さんの作品を
見たことがあるとゆう人

たくさんいると思いますが
そんな女流書道家の
矢部澄翔さんが
話題になっているようです。

なぜ話題になっているのか
矢部澄翔さんについて
調べてみました。
 

スポンサーリンク


矢部澄翔について知りたい

矢部澄翔(やべ ちょうしょう)さんは
1976年埼玉県に生まれました。

 

6歳の頃に、長三洲の系列である
日本書道研究会の門をたたき
22歳で書道師範
取得しています。

 

ファッション名門校である
文化学園大学の服飾学科卒業の後
書道師範を取得し
大手広告代理店勤務を経て
日本教育書道藝術院に入学。

 

卒業の時
2度目の師範資格を取得して
眞墨書道教室
開塾されています。

 

その後、数々の賞を
受賞されています。

 

また、2006年には
スペインの街、サラマンカでの
JAPAN WEEKに招聘され
高い評価を得て
ヨーロッパ、アメリカ、アジア
中東など世界各国10カ国以上で
活動されています。

 

現在は「伝統✖️革新」
テーマにして
いろいろなジャンルの
アーティストとコラボ

2020年の東京オリンピックに向けて
日本の書を海外に伝える企画
「世界書紀行」の活動に力を入れています。

 

その他にも様々な活動をされている
矢部澄翔さんに目が離せません。

女流書道家、矢部澄翔の作品

日本の書の素晴らしさを
世界各国に発信している
矢部澄翔さんの作品ついて
調べてみました。

 

ザ・テレビジョン✖️Walker特別編集の
NHK大河ドラマ「真田丸」
プレミアムBOOKの表紙タイトル

 

マルちゃん正麺の
10億食達成のポスター

 

「銀座 蟹みつ」店舗ロゴ

 

香川県の
新浜太鼓祭りの旗の文字

 

ボーカルユニット「ROOT FIVE」
書のシーンの撮影指導

 

年賀状カタログのタイトル

 

Meeting Japan2015にて
書道パフォーマンス

 

高校受験情報誌「前進」の
巻頭ページでの連載

 

ミツカン「追いがつおつゆ」の
CM題字の提供

 

シンガポールテレビ
ドキュメンタリー番組への出演

 

など…ここに書いたのは
矢部澄翔さんの活動の
ほんの一部です。


スポンサーリンク


矢部澄翔さんの作品を見ると
驚くほど多種多様で
矢部澄翔さんの作品を
一度は目にしている
とゆう人が多いと思います。

 

そして、矢部澄翔さんの作品は
一度見ると忘れないような
インパクトがあり
文字が生きているように感じます。

OLから書道家になれるの?

矢部澄翔さんの活動の幅が
多種多様で驚くのですが
驚くのはそれだけではなく
矢部澄翔さんの経歴にもあります。

 

なんと、矢部澄翔さんは
OLだった期間があるのです。

 

矢部澄翔さんのプロフィールは
一見して
非常に輝かしい経歴なのですが
実際は書道の英才教育を
受けていたわけではないのです。

 

ファッションの名門校である
文化学園大学卒業後は
アパレル会社に入社しています。

 

その後、4度の転職を繰り返し
自分探しをしている中で
行き着いた答えは

 

「書道が大好き。」

 

とゆうことでした。

 

様々な経験や苦労をしながら
女流書道家としての道を
歩んでいる矢部澄翔さん。

 

この様々な経験や苦労を通して
表現される書の深み

そして、書に対して大好きだとゆう
ポジティブで力強いメッセージが
見ている人たちに
伝わるのではないだろうか?
と思いました。

気持ちや魂のこもった書を見ると
元気でポジティブな気持ちになります。

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す