新宿ダッシュ【TOKIO基地】にヒヨドリがプレゼントしたものは?


 
新宿ダッシュのTOKIO基地にヒヨドリがやって来ました。

新宿に人間と生き物が供に暮らす、未来の街を作るプロジェクト
ビルの屋上のTOKIO基地にやって来た最初のお客様です。

さて、どんな出会いがあったのでしょうか?
 

スポンサーリンク


TOKIO基地にヒヨドリがやって来た!

新宿ダッシュのTOKIO基地にヒヨドリがやって来たのは
リーダーの一言がきっかけでした。

ヒヨドリ

まずは、リーダーの一言にたどり着くまでの話から…

 

2016年のクリスマスに、TOKIO基地のビルの屋上にまいた
ほうれん草とカブのタネが芽吹いたのですが
タネのまき方が雑なメンバーが1人いることが分かりました。

 

福島のダッシュ村でお世話になった、三瓶明雄さんから教わった通りに
タネをまいた2人がボヤキます。

 

「ここ、誰がタネまいた?」

と太一くんが声をもらすと

「密集してるやん」

と城島くんが続けます。

 

スタッフによると、雑にタネをまいたのは
松岡くんと判明。

 

そこで、明雄さんから教えてもらったように
間引くことで対処しようとしたところ

リーダーが

「トンネルハウスを外したら、何か生き物が食べにくる気がせえへん?」

と言います。

 

そして、TOKIO基地に訪れる生き物に、松岡くんの畝の
密集した芽を間引いてもらうことになります。
 

いつものように、カメラをセット。

 

1週間後、畝の芽が減っていました。

 

やって来たのは、ヒヨドリです。

 

ヒヨドリの糞からハゼノキの種を見つけると

太一くんが

「ヒヨドリが色んな場所に植物をプレゼントしてるんだ」

と感心します。

 

新宿ダッシュのTOKIO基地に、新たな展開が見えましたね。


スポンサーリンク


ヒヨドリの次は猛禽類!?

今回は、密集した芽を
生き物に間引いてもらおうというリーダーの発想から
かわいらしい訪問者が、新宿ダッシュのTOKIO基地にやって来たお話でした。

 

農業新聞を読み込むほどの、城島くんの自然に対する愛情から生まれた発想なのか
蓄積された知識と情報による発想なのか、見事にハマりましたね。

 

それにしても、三瓶明雄さんから教わった通りにタネをまかなかった松岡くんは
取り締まらなくていいのでしょうかね?

 

きっと、彼はこう言うでしょう。

 

「俺のおかげで、ヒヨドリがやって来た」

ワッハハハと笑う映像が浮かんできます。

 

ともあれ、新宿のビルの屋上に畑が出来て
動物がやって来ました。

 

土を敷き詰めるまでの新宿ダッシュを見る限りでは
どうやって動物を呼び寄せるんだろう?

 

と思っていましたが、ヒヨドリがやって来ましたね。

 

今回は、空を飛んでの訪問者でしたが
今後はどんな生き物がやってくるのでしょうか?

 

そんな楽しみな想像をしていると
ヒヨドリの天敵と思われる猛禽類の姿が映りました。

 

上手い具合に、そこで今回の新宿ダッシュは終了。

 

またまた、引っ張られました。笑

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す