香川真司と乾貴士「セレッソ大阪のゴールデンコンビ」は超ヤバかった



 
香川真司選手と乾貴士選手はヤバかった!

今でも、けっこうヤバいですが
セレッソ時代は、まるで翼くんと岬くんでした。

2人ともドイツに移籍するなんて
やはり赤い糸で結ばれている?
 

スポンサーリンク


真司と貴士

この2人、現在ヨーロッパで活躍中ですが
かつては同じ釜の飯を食った仲です。

 

2010年に香川選手がドイツに渡り
追いかけるように2011年に乾選手もドイツへ

 

代理人の意向もあるんでしょうが
2人にただならぬ運命を感じます。

 

ドイツと言っても
ドルトムント(香川選手)とボーフム(乾選手)ですから
関係ないでしょう…

 

否、違うんです

 

ドルトムントとボーフムは同じ県に属します。

 

ノルトライン=ヴェストファーレン州の
アルンスベルク県にあります。

アルンスベルク県

て言うか隣なんですよね…

 

これってやっぱり運命を感じませんか?

 

ここで2人のプロフィールを見てみましょう。

 

まずは香川選手

香川真司プロフィール

続いて乾選手

乾貴士プロフィール

乾選手のJリーグでのキャリアスタートは
横浜F・マリノス…

 

ちょっと意外ですが、ほとんど出場機会もなく
期限付きでセレッソ大阪へ移籍。

 

そこでゴールデンコンビの相方
香川選手と出会ったんです。

 

その後セレッソ大阪へ完全移籍となりました。

 

ここから2人の伝説がスタートします。

ゴールデンコンビの活躍

香川選手が
セレッソ大阪に入団したのは2006年で
同期には柿谷曜一朗選手がいます。


スポンサーリンク


2006年は出場機会がなく、チームも無念のJ2降格が決定
香川選手は、2007年からJ1復帰を目指すことになりました。

 

一方の乾選手は、2008年6月に
セレッソ大阪に期限付き移籍。

 

2007年から活躍していた香川選手と2人で
ゴールデンコンビが結成されたんです。

 

香川真司と乾貴士

 

2009年セレッソ大阪は、J2で
優勝こそ逃したものの2位に入りJ1昇格
香川選手は27得点でJ2得点王に輝きました。

 

※動画は2009年の香川選手と乾選手の活躍が
中心となっています。

 

リアル翼くんと岬くんって感じがしませんか?

 

その後、2人は順番にドイツに渡るわけです。
セレッソ大阪で2人を見るのは無理と思いますが
ドイツで2人のコンビプレーが見れないですかね?

 

香川選手は、マンチェスター・ユナイテッドで
居場所を失っていますからドイツにもう一度…

 

香川真司と乾貴士のインタビュー

 

2人の物語に続きがあることを信じています。

 

※この記事の次は
香川真司「ベンチからも外れた」

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す