信長協奏曲の映画が【地上波に初登場】水原希子はどうなる!?


 
2017年1月16日、映画版「信長協奏曲」が
地上波で初めて放送されます。

「信長協奏曲」は、月9でテレビドラマとして放送された後
その続編のかたちで映画版が作られ
2016年1月23日、劇場公開されました。

映画公開からほぼ1年で地上波に登場です。
 

スポンサーリンク


地上波放送での水原希子は?

ところで、テレビドラマの際は
水原希子さんの、お市の方がかなり話題になりました。

 

今回の映画版「信長協奏曲」
地上波放送のために編集されたバージョン(再編集版)です。

 

水原希子さんの扱いはどうなるでしょう?

2つの信長協奏曲

まず「信長協奏曲」のおさらいをすると
勉強嫌いな高校生サブローが、戦国時代にタイムスリップして
織田信長と出会うのが話の発端です。

織田信長像

信長は、なんとサブローと同じ顔でしたが(小栗旬さんの二役)
身体も弱く父からも疎まれ、自信をなくしていました。

 

そこで、サブローに頼んで信長になってもらい
信長本人は、明智光秀となって
以後の歴史が進んでいくという話です。

 

フジテレビの地上波で放送されたドラマは
竹中半兵衛の死で終わりましたが、その後の
安土城築城、石山本願寺との戦い(天王寺合戦)本能寺の変以降が
映画版「信長協奏曲」で描かれることになります。

 

地上波ドラマと映画版「信長協奏曲」はキャストが同じです。

 

幼いころ、村を焼き討ちされたため
信長を怨んでいる豊臣秀吉は、山田孝之さん
信長の妻帰蝶は柴咲コウさん
信長の妹、お市の方は水原希子さんが演じています。

お市の方を演じる水原希子

ところで、ドラマ版「信長協奏曲」では
水原希子さんのお市の方が
良くも悪くも話題になりました。

 

水原希子さんが可愛いという意見もありましたが
見た目が日本女性らしくないとか、演技が下手
あるいは、お市の方らしくないという見方が多かったように思います。

 

水原希子さんは、アメリカ人と韓国人のハーフであり
育ちこそ日本ですが、そもそも日本人ではありません。

 

また、モデルをやっているくらいですから
目鼻立ちも際立っていて、戦国時代の武家とは言え
お姫様っぽい顔ではありません。

 

さらに、水原希子さんはモデルとして
インスタグラムで、多くのフォロワーがいる反面
その言動から、多くのアンチがいることでも有名です。

 

ドラマ版「信長協奏曲」での批評・批判も
アンチ水原希子の声が、大きかったのではないかと思われます。

 

そのせいなのか、映画版「信長協奏曲」では
お市の方の登場シーンはそれほど多くありませんでした。

 

今回、地上波の放送は再編集版なので
水原希子さんの扱いがどうなるのか、興味深いところです。


スポンサーリンク


結論として、水原希子は必要

結論から言うと、映画「信長協奏曲」の地上波放放送で
水原希子さんの扱いは、劇場公開版とあまり変わらないと思います。

 

もともと劇場公開版でも、水原希子さんが登場するシーンは限られています。

 

帰蝶と信長(サブロー)の夫婦に
祝言(結婚式)を挙げるよう勧める場面です。

 

信長は、この直前に自分の運命に気づいていたので
2人に対し、祝言なんかしないと言います。

 

帰蝶の将来を思えばこその拒絶です。

 

とても印象的なシーンですし、この祝言は
映画版「信長協奏曲」で大きな意味を持つので
このシーンを外すことは、まずないでしょう。

 

さらに、フジテレビでは
1月から「嘘の戦争」が始まっています。

 

このドラマにも、水原希子さんが出演します。

 

ですので、映画「信長協奏曲」の地上波放映で
水原希子さんの出演シーンが減ること無いでしょう。

 

むしろ、劇場公開版で使わなかったシーンがあれば
加えたいくらいでしょう。

 

私も、水原希子さんの顔は
お市の方には合っていないと思います。

 

でも、映画「信長協奏曲」は
本能寺の変に向かって進んでいく作品なので
水原希子さんが明るく演じるお市さんは
悪くないテイストです。

 

地上波でもしっかり映って
水原希子さんのファンが増えることを望んでいます。

 

 

水原希子

 

1位水原希子の髪型に注目!映画でも本領発揮?

2位水原希子が「情熱大陸で歌っていた曲」って2NE1?

3位水原希子が「失恋ショコラティエ」で魅せた衣装

4位水原希子の髪型は【ボブ】インスタでチェック!

5位水原希子の妹「ドトール」のポスターは佑果!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す