こんなところに日本人!セルビアに15歳の少女が暮らす


 
激しかった民族紛争を経て
独立を成し遂げたセルビアに
15歳の少女が暮らしています。

15歳の日本人少女が
東欧に1人で…凄い娘ですね…
 

スポンサーリンク


15歳の少女がセルビアに

11月28日(金)の世界の村で発見!は
千原せいじさんがセルビアに
15歳の日本人少女をたずねます。

 

セルビア

 

せいじさんと言えば
アフリカ担当のイメージが強いですが
今回は東欧なんですね。

 

セルビアと言えば
旧ユーゴスラビアから独立をした国で

 

セルビアの他にも

 

スロベニア、クロアチア、モンテネグロ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニアが独立を果たして

 

2006年6月3日ユーゴスラビアが
完全に解体しました。

 

そんなセルビアにどうして
15歳の日本人少女が暮らしているんでしょうか?

15歳と言えば、中学校3年生…
そんなときに親元を離れて
セルビアにホームステイだなんて

 

とてもスゴイことだと思います!

 

理由は放送を見てみないと分かりませんが
スポーツ留学か音楽留学ってところかな…

 

僕が15歳のころを振り返れば
野球を適当にやっていて
性格は内向的でした。

 

なので、留学とかホームステイとか…
考えもしなかったです。

 

毎日、ドンブリでご飯を食べて
それだけで幸せを感じる少年で
将来のことなんて…


スポンサーリンク


子供のうちに海外を見て
視野を拡げることって、今思えば
大きな財産になると思います。

 

頑張って子供を留学させようかな…

 

多分、嫌がると思いますけど。笑

 

日本が大好きな子供なので…

サッカーが盛んな地域

セルビアもそうなんですが
旧ユーゴスラビア地域は
サッカーの盛んな地域です。

 

東欧のブラジル
言われていたこともあります。

 

クロアチアはかなり有名ですし
日本人には馴染みの深い

 

スコイコビッチさんはセルビアの方なんですよ!

 

なので、僕にとって
セルビアをはじめとする
旧ユーゴスラビア地域は

 

サッカーが強い地域と言うイメージです。

 

余談になりますが
サッカー日本代表監督に
ストイコビッチさんはどうでしょうか?

 

マジでおすすめなんですけど…笑

まとめ

では、今回の記事をまとめます。

11月28日(金)の
こんなところに日本人!
東欧のセルビアに

 

15歳の日本人少女をたずねます。

 

今回は、千原せいじが
東欧に行くんですが
アフリカ以外もアリなんですね。

 

15歳の少女が
なぜ親元を離れてセルビアに…
放送が楽しみですね。

 

その他に
セルビアをはじめとする
旧ユーゴスラビア地域が

 

東欧のブラジルと言われて
サッカーの盛んなことも書きました。

 

その辺りも含めて
放送を楽しみに待ちましょう。

 

では、この辺で失礼します。

 

※アルプスの山奥に日本人!?
こんなところに日本人「スイス・アルプス」の女性

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す