宮本武蔵と佐々木小次郎「決戦の地、巌流島」に渡るための手段は?



 
宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った島
この島の正式名称は船島ですが
剣豪2人が戦ったため
巌流島と呼ばれています。

巌流島に渡るための手段を
詳しく掲載しますので、どうぞご覧下さい。
 
 
 

スポンサーリンク


巌流島には船で渡る

巌流島(船島)は、その名の通り島ですから
やはり船で渡る他ありません。

 

山口県下関市から島を見た場合
すぐ近くに島が見えるため
泳いで渡れそうな気がします。

巌流島

試してみたいと思ったそこのあなた…
関門海峡はかなりの激流なので
イアン・ソープ並の泳力が
必要だと思いますよ。

 

なので、船で渡る方法を掲載しましょう。

山口県以東から巌流島観光にいらっしゃる方

山口県からは
2種類の会社の船が存在します。

 

・関門汽船㈱
・㈱チャレンジ

 

料金の方は、2社ともに
大人800円・小人400円となっております。

 

※往復料金となっておりますので
往復は同一の会社の乗船となります。

 

なお、予約ができないため
土・日・祝などの混雑時には
乗船できない場合がありますので
あらかじめご了承ください。

 

詳しくは下記のリンクよりご確認ください。

 

巌流島について

 

ほとんどの方は
車でいらっしゃると思うのですが
中国自動車道・下関インターが
もよりの出入り口です。

駐車場は、乗船場(唐戸桟橋)の近くに
数か所の公営駐車場があります。

下記のリンクを参考にして下さい。

 

唐戸(下関)エリア駐車場

 

新幹線の方は新下関駅で下車後
山陽本線に乗り換えて
下関駅で下車して下さい。
(徒歩20分程度で唐戸桟橋です。)

九州から巌流島観光にいらっしゃる方

九州側から巌流島に渡る場合
定期連絡船か観光周遊船が便利なようです。


スポンサーリンク


定期連絡船は毎日運航していて
唐戸(下関)・巌流島・門司港を
順番に連絡していますので
時刻表を見て
滞在時間等を決める必要があります。

 

料金は800円となっております。

 

観光周遊船は2種類あって

 

・ヴォイジャー号(定員120名)
・ダイアナ号(定員70名)

 

料金はともに大人1000円・子供500円で
唐戸(下関)からも乗船できますので
乗船したい方は
こちらもご利用になって下さい。

 

詳しくは下記のリンクよりご確認ください。

 

巌流島に渡る手段

 

車でいらっしゃる方は
関門自動車道の門司港インターが
もよりの出入り口です。

 

駐車場は門司港エリアにも
たくさんありますので
下記のリンクを参考にして下さい。

 

門司港エリア駐車場

 

新幹線でいらっしゃる方は
小倉駅で下車後、鹿児島本線に乗り換えて
門司港駅で下車して下さい。

 

門司港は目の前ですので、すぐに乗船場です。

まとめ

巌流島と言えば
宮本武蔵を想像すると思います。

 

しかし、巌流(岩流)とは
佐々木小次郎が創始した
剣術の流派のことです。

 

巌流島の戦いの後
佐々木小次郎を偲んで
船島のことを巌流島と呼んでいます。

 

僕には、佐々木小次郎と言う人物が
興味深いと言うか
素晴らしい武士だったように感じます。

 

そうでなければ、敗者である
佐々木小次郎の巌流(岩流)が
島の名前にはならないと思います。

佐々木小次郎

3月15日と16日、木村拓哉さんが主演で
2夜連続で宮本武蔵がTV放送さます。

 

この中で、佐々木小次郎を演じるのは
沢村一樹(さわむら いっき)さんです。

 

沢村さんであれば、素晴らしい演技力で
佐々木小次郎を演じてくれるでしょう。

 

最後になりますが
これから巌流島に観光に行かれる方には
武蔵だけではなく
小次郎にも思いを馳せてほしいです…

 

追伸:
巌流島は、男にとっては
ある意味パワースポットと言えますよね?

 

武蔵や小次郎が
行ったことがあるかどうか
全く分かりませんが
京都の宇治平等院も
全国的に知名度のあるパワースポットです!

 

平等院について興味のある方は
下記のリンクを今すぐクリックして下さい。

 

平等院鳳凰堂の大修理がほぼ終了

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す