谷村美月と松下優也の違和感は【時の魔法か?】べっぴんさんの感想



 
すみれ(芳根京子さん)、君枝(土村芳さん)
良子(百田夏菜子さん)、明美(谷村美月さん)は

いよいよキアリスの集大成になる、人生の最後の夢に向かっていきます。

今回は、朝ドラ・べっぴんさん「第25週・時の魔法」の感想です。
 

スポンサーリンク


ワンダーランドを作る夢

潔(高良健吾さん)から空き物件のビルを紹介されて
キアリスのメンバーはワンダーランドを作るという夢を描きました。

 

子ども服だけではなく、食器やおもちゃ、家具など
子供のものは何でも揃っていて、育児相談も出来て
お母さんたちの交流場所にもなるワンダーランドです。

昭一(平岡祐太さん)の銀行から融資を断られたあと
古門(西岡徳馬さん)社長から資金提供の申し出があります。

 

しかし、古門が栄輔(松下優也さん)の会社がつぶれる原因となったこともあり
キアリスのメンバーはワンダーランドの実現を断念します。

 

そのあと、すみれ(芳根京子さん)、君枝(土村芳さん)、良子(百田夏菜子さん)
明美(谷村美月さん)、紀夫(永山絢斗さん)は引退を決意します。

 

そして、栄輔が引退したばかりの明美に

「いっしょになったら、どやろ?」

と告白します。

 

すると、明美が

「それやったら、家を建てるわ」

と予想を超えた言葉が返って来ました。

 

思わぬゴールインでしたね。

 

しばらく、すみれたちは暇を持て余していました。

 

そこに、美幸(星野真里さん)という女性が娘を連れて
あるワンピースを持って来ました。

 

それは、すみれたちが昔
ショーウインドーに飾るために作ったワンピースでした。

 

小学校の入学を控えていた女の子にプレゼントしたものです。

 

「お直し」をして欲しいという依頼を受けます。

 

それをきっかけに、すみれたちは
「お直し部」を発足することになりました。

明美と栄輔「時の魔法」

朝ドラ・べっぴんさん「第25週・時の魔法」の感想は
意外な展開に驚いたという感じですね。


スポンサーリンク


ワンダーランドの実現を断念したことも
明美が栄輔の思いを受け止めることも、意外な展開でした。

 

ワンダーランドは、どんなことがあっても
すみれたちが実現させるものだと思っていました。

 

単純明快なサクセスストーリーではなかったのですね。

 

明美にも驚きました。

 

武(中島広稀さん)ちゃんのプロポーズの時は断って
今回の栄輔ならOKって、どういうこと?

 

と思ってしまいました。

 

年齢的な老後の心配という意味を含めたプロポーズにはなっていましたが
それって口実ですよね。

 

映画作りの時から2人が結ばれる雰囲気は出されてはいたのですが
明美は独身を貫くものばかりだと思っていました。

 

栄輔もすみれへの思いは、どのように整理したのかも気になります。

 

それにしても、栄輔だけは老けないですよね。

 

栄輔が白髪一本ないというのは、紀夫と潔の老け具合と比べると
違和感がありますよね?

 

すっかり、闇市のころのチンピラ風な感じもなくなっていますし…

 

どれも、これも、「時の魔法」ということなのでしょうか?

 

ドラマとしては、お直し部のきかっけになった
ワンピースのエピソードがメインだったのでしょうけど。

 

べっぴんさん第25週「時の魔法」
週平均視聴率(関東地区)は19.0%でした。

 

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す