キアリスが映画製作するんだって!?【べっぴんさん 第24週】の感想


 
キアリスの最終形が見えて来ましたね。

すみれ、君枝、明美、良子の、 勇気、愛情、信頼、希望
四つ葉のクローバーが確かな形になりそうです。

それでは、朝ドラ・べっぴんさん「第24週 光の射す方へ」の感想です。
 

スポンサーリンク


キアリスの映画製作

栄輔(松下優也さん)のエースが倒産したのを見て、紀夫(永山絢斗さん)は
キアリスの経営方針も見直す必要性を会議の場で語ります。

 

しかし、納得出来ない健太郎(古川雄輝さん)は
守りに入ることを反対します。

 

重い空気の中、すみれ(芳根京子さん)たちは
キアリスガイドの映像版になる映画製作をすることを提案します。

 

それが健太郎たちに渡すバトンだと言うのです。

龍一(森永悠希さん)のつてで、プロカメラマンの亀田(上地雄輔さん)が現れて
映画の監督は紀夫が担当することになります。

 

流れで脚本を担当することになった明美(谷村美月さん)は
栄輔に声をかけて手伝ってもらいます。そして連れ出された撮影現場では
栄輔は段取りに対して適切な発言をしていきます。

 

やがて、健太郎も心を動かされていくようになり
映画の撮影に使うことになった手作りの子供服を見て、母親たちの思いを知るのです。

 

さらに、栄輔からも
古角社長(西岡德馬さん)の言葉に踊らされないように助言を受けます。

 

完成した映画の上映会が開かれて、見終わった人たちは感動の言葉を口にします。


スポンサーリンク


そのあと、すみれが4人を代表して、映画の完成の挨拶として
キアリスの原点の思いを伝えます。

 

翌日の会議の場では、健太郎も
自分の考えで推し進めようとしたことを撤回すると発言するのでした。

キアリスの理念

朝ドラ・べっぴんさん、第24週「光の射す方へ」が終わりました。

 

これまでも、キアリスの目指しているものは語られていたと思うのですが
やっと断片が一つの明確な形になったような感想を抱きました。

 

この映画制作を最後に持ってくることは、あらかじめ設定されていたのでしょうね。

 

それゆえに、はっきりとしたキアリスの理念をぶつけるシーンがなかったのだと思われます。

 

すみれたちも、自分たちのスタンスみたいなものを理屈で持っていたのではなく
あくまでも「思い」を大事にしていただけだったので
映画というバトンは大きな結晶となりました。

 

すみれのキャラクターそのものがドラマ・べっぴんさんの特徴で
キアリスのあり方については、相手をねじ伏せる感じはありませんでしたよね。

 

その象徴となるセリフは、すみれが健太郎の問に答えた

「お金持ちになることや自分の業績を世間に見せつけることが成功なら
自分は成功なんてしなくてもいい」

ではないかなぁと思います。

 

その言葉だけを切り取ると「自己満足」で終わってしまう話しなので
風呂上がりにベランダで考えに耽る健太郎とすみれの会話で出て来る言葉としたのは
自然な「たどりつき」でよかったですよね。

 

べっぴんさん第24週「光の射す方へ」
週平均視聴率(関東地区)は19.7%でした。

 

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す