キアヌ・リーブスの映画【地球が静止する日】なんだか意外な結末だった



 
1951年に公開された「地球の静止する日」のリメイク作品に
キアヌ・リーブスさんが主演していた事はご存知でしょうか?

その映画のタイトルは、オリジナル版と同じ「地球の静止する日」
2008年に公開され、大ヒットした作品です。

キアヌ・リーブスさん版「地球の静止する日」は
どんな映画なのか?その結末とは?

「地球の静止する日」について、紹介します。
 

スポンサーリンク


「地球の静止する日」の結末までのあらすじ

シングルマザーであり、地球外生物学者でもあるヘレン・ベンソン博士は
自宅で休んでいたところ、突然アメリカ政府に召集されます。

 

軍の管理された場所に移送されたヘレンは
そこに核物理学・天文学・地質学の学者が集められている事を知り
ただならぬ状況だと察知します。

ヘレンが招集された理由、それは…

 

地球に謎の小惑星が接近している事が発見されたからでした。

 

そして、ついにその小惑星が地球に衝突する時
現れたのは、まるで人間のような生命体と
ゴートと呼ばれる人型のロボットでした。

 

音波を放ち、人間に恐ろしい影響を与えるゴートは
謎の生命体を守る行動を起こします。

 

アメリカ政府は謎の生命体を医療施設に運び込み
その体にメスを入れると、そこから人間そっくりの物質が現れました。

 

その人間そっくりの物質こそ
キアヌ・リーブスさん演じるクラトゥです。

 

クラトゥは地球外文明を代表して来たこと
各国の指導者に会いたいことを伝えます。

 

しかしアメリカ政府にその要求を拒否され
施設から脱出を図るのでした。

 

無事に脱出に成功するも、まだ傷が完治していないクラトゥは
ヘレンに救助の連絡を入れます。

 

クラトゥは、ヘレンを「地球での協力者」に選んでいたのでした。

 

一方その頃、攻撃が効かずに苦しんでいたアメリカ政府は
ゴートを巨大な箱に収めることに成功していました。

 

クラトゥに呼び出されたヘレンは
「地球の味方」だと告げるクラトゥを疑いつつも
彼の傷を治療し、Mr.ウーと呼ばれる老人の元へ連れていくのです。

 

その車内で、ヘレンの夫の連れ子であるジェイコブは
「地球に訪れた宇宙人」に悪態をつくのでした。

 

クラトゥが訪れたMr.ウーは、実は70年前に地球に訪れた宇宙人であり
ずっと地球人を観察していました。

 

Mr.ウーは「人間は破滅的でありながら憎めない種族」であることを伝え
それを聞いたクラトゥは「処置」をする事を決断するのです。

 

処置とは、地球に悪影響を及ぼす人間を含むあらゆる人工物を
地球から抹消するというものでした。

 

そう、クラトゥは「地球の味方」であり
「地球に住む人間の味方」ではなかったのです。

 

クラトゥの命令でゴートがナノマシンとして
あらゆるものを取り込み、人類を滅亡させるように動き出します。

 

その途中、ジェイコブがナノマシンに取り込まれ
生命の危機に陥ります。

 

そんなジェイコブを必死に救おうとするヘレンを見たクラトゥは
血の繋がらない義理の息子を思うヘレンの姿
「人間の憎めない一面」を見ました。

 

そして、そのヘレンの姿に小さな希望を見出し
人類を絶滅するのをやめるのでした。

 

映画「地球の静止する日」の結末は
去っていくクラトゥの姿を見送るヘレン親子で幕を閉じます。

「地球の静止する日」の見どころ

本作の最大の見どころ、それは
変わっていくヘレンとジェイコブの親子関係でしょう!


スポンサーリンク


映画の最初、ヘレンとジェイコブは
どこか余所余所しい関係でした。

 

夫が残した血の繋がらない息子という複雑な関係は
今まで子供を持ったことがないヘレンにとって
接し方がわからない存在だったんです。

 

同じくジェイコブ側も
懐いていないヘレンと一緒に暮らさなければいけないという環境で
素直になれずにヘレンに悪態をついています。

 

お互いの事を大切に思っているはずなのに
それを見せることが出来ないヘレンとジェイコブ。

 

そんな2人の関係が、クラトゥという
「異質」と行動を共にする事によってどう変わるのか?

 

義理の親子の関係性に注目してほしいですね^^

 

また、地球人は「滅亡させるべきもの」だと思っているクラトゥも
ヘレンとジェイコブ親子に接することによって変化していきます。

 

クラトゥが人類への希望を見出した
ヘレンとジェイコブのラストシーンも注目ですよ!

 

そして、特に注目してほしいのが
ゴートのナノマシンのシーンです。

 

当時2008年と思えないほど、CGシーンがとても洗礼されています。

 

ゴートがナノマシンに変化して地球を攻撃するシーンは
まるで本物のようなので、ぜひ見てほしいですね^^

 

また、キアヌ・リーブスさんの演技も忘れてはいけません。

 

今回、キアヌさんが演じるのは「地球外生命体」
人間じゃありません。

 

感情がない無機質な役柄を、キアヌさんは見事に演じ切っています。

 

キアヌさんの代表作「マトリックス」のエネルギッシュな演技と
本作の無機質な演技、比較してみるのも面白いですよ^^

 

「地球の静止する日」は、世界中で大ヒットした
キアヌ・リーブスさんの代表作の1つともいえる名作です。

 

見どころ満載の本作を、ぜひ見てほしいですね^^

 

 

イケメン俳優

 

1位トム・クルーズの身長は?「イケメンは背が低い」

2位ブラッド・ピットの髪型はショート派?「ファイトクラブは最高」

3位「ターミネーター2」子役はどこに?エドワード・ファーロング…

4位トム・クルーズ「映画トップガン」のバイクとは?

5位ジョニー・デップの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す