キアヌ・リーブスの映画【ジョン・ウィック】伝説の殺し屋の運命は?



 
「マトリックス」で一躍有名になったキアヌ・リーブスさん。

そんなキアヌ・リーブスさんが製作総指揮を務め
伝説の殺し屋を演じた映画
「ジョン・ウィック」をご存知でしょうか?

続編が製作されるほどヒット
「マトリックス」以来のハマり役との呼び声が高い
「ジョン・ウィック」

そのあらすじと見どころを紹介します。
 

スポンサーリンク


「ジョン・ウィック」のあらすじ

裏社会にその身を置き、伝説の殺し屋と呼ばれた
キアヌ・リーブスさん演じるジョン・ウィックは
最愛の女性ヘレンと出会い、殺し屋家業から足を洗う決意をしました。

 

ヘレンと結婚して幸せな生活を送っていたジョンでしたが
最愛のヘレンが病気によって死に、絶望感に苛まれてしまいます。

そんなジョンの支えになったのが、ヘレンが生前
ジョンに贈るように用意しておいた子犬のデイジーでした。

 

ヘレンの形見のデイジーと暮らす事で
少しずつ平穏を取り戻していくジョン。

 

しかし、そんなジョンの気持ちをあざ笑うかのように
デイジーは家に押し入った強盗によって殺されてしまうのです。

 

デイジーだけでなく愛車まで強盗に奪われたジョンは
ついに怒りを爆発させました。

 

二度と戻るつもりのなかった裏社会へ
復讐の為に戻る決意をしたのです。

 

情報収集したジョンは、家を襲った強盗が
ロシアンマフィアのボス、ヴィゴの息子ヨセフである事を知ります。

 

実はジョンはかつてヴィゴの下で働いていた過去があり
旧知の間柄でもあったのです。

 

その頃、ヴィゴは息子が
あの「ジョン・ウィック」にした事を知り、慌てていました。

 

ジョンの実力を一番よく知っているのはヴィゴです。

 

このままだと息子が殺されてしまうと思い
何とか手打ちにしないかジョンに持ち掛けます。

 

しかし、復讐の決意が固かったジョンは
当然その提案を断るのでした。

 

ジョンとの交渉が不発に終わったヴィゴは
手下を使ってジョンを襲撃させます。

 

しかし、ジョンは襲って来た手下達を
見事に返り討ちにするのでした。

 

そして、息子を守る為に、仕方なくヴィゴは
ジョンに懸賞金200万ドルをかける決意をしたのです。

 

果たして、ジョンは襲い来る殺し屋をかわして
復讐を成し遂げることが出来るのか?

 

映画「ジョン・ウィック」の続きは
自分の目で確かめて下さいね^^

「ジョン・ウィック」の見どころ

「ジョン・ウィック」の最大の見どころ
それはキアヌ・リーブスさんのアクションに他なりません。


スポンサーリンク


キアヌさん演じるジョン・ウィックは、伝説の殺し屋です。

 

その名に恥じぬように、襲い来る敵をどんどん倒していきますし
そのアクションは、目を見張るほど素晴らしいんです^^

 

ジョンが敵を続々と倒していく姿は爽快感すらあって
見ていて本当に楽しめますよ^^

 

「最近、キアヌ・リーブスのアクションを見ていない!」
「久しぶりにキアヌ・リーブスのアクションが見たいな~」

という人には、本作は満足出来るんじゃないでしょうか?

 

さすがに「マトリックス」のような
伝説になるエビ反りはありませんが^^;

 

アクション好きなら本作は十分に楽しめると思います。

 

そして、もう一つの見どころは、ジョンとヴィゴの戦いです。

 

復讐相手を殺す為なら手段を選ばないジョンと
可愛い息子を何とか守りたいヴィゴ。

 

お互いに全く引くつもりがない者同士の争いは
たくさんの犠牲者を出しつつも衝撃の展開を迎えます。

 

手の内を知る者同士の駆け引きは本当に見どころがあり
ヴィゴから放たれた殺し屋をどうジョンが裁くかと共に注目ですよ^^

 

悲しい殺し屋の復讐劇を描いた「ジョン・ウィック」は
見どころ満載の、映画好きならぜひとも見たい作品です。

 

続編である「ジョン・ウィック:チャプター2」と共に
ぜひご覧になってみて下さいね^^

 

 

イケメン俳優

 

1位トム・クルーズの身長は?「イケメンは背が低い」

2位ブラッド・ピットの髪型はショート派?「ファイトクラブは最高」

3位「ターミネーター2」子役はどこに?エドワード・ファーロング…

4位トム・クルーズ「映画トップガン」のバイクとは?

5位ジョニー・デップの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す