イッテQ【みやぞんの空中ブランコ】イッタっきりって可愛そう…


 
日テレ系日曜夜8時からの「世界の果てまでイッテQ!」

今、みやぞんさんが面白くて、大人気です。

「イッタっきり」という企画で、前回は
闘牛のブル・リーピングという荒技を見事決めたにもかかわらず
謎の言動で爆笑させてくれました。

今回は、イタリアで空中ブランコに挑戦。

果たしてみやぞんさんは成功できるのでしょうか?

今回も笑わせてくれそうです。
 

スポンサーリンク


みやぞん、空中ブランコに挑戦!

イッテQの、世界の果てまで「イッタっきり」企画とは
成果が得られるまで帰国出来ないという過酷なものです。

 

なんだか可愛そう…

 

成果が出なかったら、本当に帰ってこられないの?

 

1月29日の放送では

みやぞんさんが、イタリアのミラノでサーカスに入団
空中ブランコに挑戦しましたが、帰国出来たのでしょうか?

サーカス

空中ブランコの技は、1人で漕いで
向こうのブランコの人に足をもってもらって乗り移り
また、戻ってくるという難技。

 

もちろん、みやぞんさんは初の空中ブランコです。

 

練習で手に豆が出来、肩を痛め、心も痛めてしまいます。

 

そんなとき、なぜかシュークリーム作りに挑戦。

 

一度は、真っ黒に焦がすも、ちゃんと完成。

 

美味しくいただきました。

 

みやぞんさんの得意なことは、運動と音楽。

 

なんでも、即興で歌にしてしまいます。

 

これが笑っちゃうほど上手い!!

 

ブランコの練習で疲れたときも、シュークリームが出来たときも
なんでも得意のギターを弾きながら、実況中継!

 

なんて多彩な才能なんでしょう。

 

元気を出して練習を積み、そして最終日
お客さんの前で、実際に空中ブランコに挑戦することになりました。

 

そのとき驚いたことに、みやぞんさんは
自分で命綱を外すことを決めます。

 

命綱があると安全性は上がるけど、勢いが落ちるからだそうです。

 

え、大丈夫!?

 

とスタジオが見守る中、ブランコは大成功!!

 

そればかりか、練習で2、3回トライして諦めていた
回転してブランコに乗り移るという、難技まで決めてしまいます!

 

みやぞんさん、天才!!

 

ところが、こんなに凄いみやぞんさん
その後で、またやらかします。

 

観客の人気者となったみやぞんさんは、写真撮影を頼まれますが
また意味不明の「おれたち3人三銃士、スパルタンX」
といいながら、なぞの忍者ポーズを決めます。

 

あんなに凄いことをやって、なんじゃそれ?

 

また、爆笑を巻き起こしました。


スポンサーリンク


第2のウド鈴木、みやぞん

みやぞんさん、面白かったですね~

 

みやぞんさんは、浅井企画の「ANZEN漫才」という
漫才コンビのボケ担当です。

 

みやぞんさんの魅力は、ピュアで天然なところと
凄いことを平気でやるギャップでしょうか。

 

内村さんから、起用の理由を
「人がいいから」と言われていましたね。

 

でも、天然ってどこまで本当なの?

 

ちょっとは計算してない?

 

と疑っていました。

 

ところが、他のドッキリの番組を見ても
「イッテQ」を見ても、本当にいい人!

 

ピュア!!

 

ぜんぜん狙ってない。

 

それどころか、まじめにやればやるほど面白いです。

 

「第2のウド鈴木」と呼ばれるのも納得です。

 

ピュアな人にはミラクルが起きます。

 

笑神様に愛されてますね~

 

もう1つの魅力である才能も、今回見せつけました。

 

得意なことはギター、運動、芸術。

 

なんでもセンスがあるんですね。

 

それに本番に強い!

 

考えてない、本能で動いているところがいいんでしょうか?

 

うらやましいです。

 

内村さんの

「大勢の人を魅了する何かがある!」に御意!

 

私もすっかり魅了されてしまいました。

 

みやぞんさんは、すでに次回の「イッタっきり」企画で
中国で少林寺拳法を勉強中。

 

水の上に板を浮かべてその上を走るという
「水上漂」に挑戦しています。

 

「水上漂」が出来なかったら、帰ってこられないのでしょうか…

 

イッタっきりになっても、イッテQのみなさん
みやぞんさんを忘れないで下さいね!

 

 

イッテQ

 

1位手越祐也「イッテQ」】での名言が話題!

2位イッテQ「温泉同好会」のメンバー

3位イッテQ「シャッフル3時間スペシャル」の感想

4位河北麻友子は「出川ガール」ガリガリだけど…

5位お祭り男「宮川大輔」】世界のお祭りでアカーン!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す