ウィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド」に別エンディングが


 
ウィル・スミスさん主演の映画
「アイ・アム・レジェンド」は
人類が滅んで、たった1人残された男…

そんな話ですが、実際に1人で残されたら
どんな気分になるんでしょうかね?
 

スポンサーリンク


別エンディングってどう言うこと?

ネタバレになってしまうのは嫌いですので
詳しくは書きませんが
この手の別エンディングって
結構ありますよね。

 

DVDやブルーレイの特典映像に
収録されていますので
興味がある方はご確認ください!

 

少しだけ触れますと…

 

別エンディング版のゾンビには
知性が存在しているんです…

 

それってアリなんですかね?

 

その昔、ジョージ・A・ロメロ監督の
「Day of the Dead」
邦題は(死霊のえじき)で、ゾンビに
知性を求めた一幕がありました。

 

それ以来
久々に聞いた気がします…

 

そう言うのって、実際にやると
面白くなかったりするんですよね。

 

だから、劇場公開
されなかったと思います。

 

複数のパターンを撮影してみて
最も良いテイクを
採用するんでしょうが

最近は、採用されなかったテイクも
DVDやブルーレイで見ることができるので
嬉しいような気もします。

 

まあ、面白ければ
色んなことをやってもらいたいです。

オリジナルは小説です。

「アイ・アム・レジェンド」の元ネタは
1954年に発表された、リチャード・マシスン作
「吸血鬼(地球最後の男とも)」です。


スポンサーリンク


この小説は、3度も映画化されていて
ウィル・スミスさんの
「アイ・アム・レジェンド」は
最新作と言うことになります。

 

ちなみに
前作2つに触れておくと

 

・地球最後の男(The Last Man on Earth )
1964年(アメリカ/イタリア) ヴィンセント・プライス主演

・地球最後の男オメガマン(The Omega Man )
1971年(アメリカ) チャールトン・ヘストン主演

 

※地球最後の男には
原作者のリチャード・マシスンさんが
脚本で参加しているんだそうです。

 

さらに言えば、ゾンビ映画の金字塔
ジョージ・A・ロメロ監督の

 

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

 

この映画のモチーフに
原作「吸血鬼」が
使われているんだそうです。

 

そう意味でも
「アイ・アム・レジェンド」は
重要な作品と言えるかもしれませんね。

まとめ

今回は、ウィル・スミスさん主演の
映画「アイ・アム・レジェンド」
について記事を書きました。

 

この記事の主題である
別エンディングはネタバレになるので
詳しくは書きませんでしたが

 

ゾンビが知性をもっている
そんな話になっているようです。

 

それから、原作については
詳しく書きました。

 

3度も映画化されていて
「アイ・アム・レジェンド」
最新作となっています。

 

原作の「吸血鬼」
ナイト・オブ・ザ・リビングデッドにも
影響を与えていただなんて…

 

これには正直言って驚きました。

 

この記事が
あなたのお役に立てれば
僕にとっても嬉しいことです。

 

では、また次の更新まで
失礼いたします。

 

 

イケメン俳優

 

1位トム・クルーズの身長は?「イケメンは背が低い」

2位「トム・クルーズの筋肉」は最新作でも発揮される?

3位トムクルーズが出演する「映画ランキング」BEST10

4位トム・クルーズ「映画トップガン」のバイクとは?

5位トム・クルーズの「最新映画」アウトローの続編?

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す