中島広稀の心中は?【朝ドラ べっぴんさん】谷村美月への思い…



 
朝ドラ、べっぴんさんの第20週は「旅立ちのとき」でした。

いよいよ、さくらと健太郎は大学を受験する時を迎え
武ちゃんと明美の関係は、どうなったのでしょうか?

今回は、べっぴんさんの第20週
「旅立ちのとき」の感想をお届けします。
 

スポンサーリンク


武(中島広稀)の心中は複雑

朝ドラ、べっぴんさん「第20週 旅立ちのとき」は
前半は、武(中島広稀さん)の結婚相手を探す話がありました。

 

すみれ(芳根京子さん)、明美(谷村美月さん)
良子(百田夏菜子さん)、君枝(土村芳さん)の4人は
武の結婚相手を紹介してもらうために、あらゆる人に声をかけます。

 

しかし、武の心中は複雑でした。

まだ、明美のことが好きだったからです。

 

酒の席で酔っぱらった武は
後輩の中西(森優作さん)に本音を漏らしてしまいます。

 

それがもとで、キアリスの人々に知れてしまうことになるのです。

 

ジャズ喫茶『ヨーソロー』で、明美は武に気持ちを伝えます。

 

それで、2人が結ばれることはなくなりました。

 

やがて、武はたみ子と婚約することになります。

 

後半は、さくら(井頭愛海さん)と健太郎(古川雄輝)の
受験の話になりました。

 

さくら、すみれ、紀夫(永山絢斗さん)に後押しを受けて
健太郎は両親と祖母に、東大志望であることを伝えます。

 

そればかりか健太郎は
さくらに「好きだ」と思いを告白します。

 

あっという間に月日が流れて、さくらと健太郎は
それぞれの志望大学に合格します。

 

展開が早く、今週のべっぴんさんの感想は、実にあっさりと進んだなあ
という言葉が浮かんできます。

本当に、すぐに解決してしまいましたよね。

視聴率は20%前後を維持する「べっぴんさん」

1年、2年が簡単に過ぎ去っていくので、状況が変わるのは分かるんですが
不良の溜まり場扱いだった「ヨーソロー」に、喜代さんや忠さんまで集まって
家庭的な雰囲気で、大送別会が開かれるのは不思議な感じでしたね。


スポンサーリンク


設定まで変わってしまったかのように思えて来ます。

 

視聴率は20%前後を維持しているので

見るのをやめた!

という人が増えているわけではありません。

 

ドラマの感想の書き込みをしている人たちの評価は
いつ見ても最悪なのですが…

 

放送を楽しんで見ている人たちは
ネットにわざわざ書き込むことはないんでしょうね。

 

悪評価を書き込む人たちも
的外れなことを主張しているわけではないのですが

「つまらない」と評価しているわりには
見続けているというのも理解し難い話です。

 

ネットの口コミは、それが主流というか
文化になりつつありますね。

 

個人的には「べっぴんさん」は、もはや
メッセージ性を楽しむドラマではないと割り切って見ています。

 

それが正しい視聴法というわけではなく
そうするしかないという感じです。

 

それにしても、周りの人たちのエピソードが盛りだくさんで
ヒロインが全体の中に埋もれてしまっているのは
もったいないなあとは思います。

 

べっぴんさん第20週「旅立ちのとき」
週平均視聴率(関東地区)は20.0%でした。

 

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す