三浦春馬のドラマ【わたしを離さないで】気になるあらすじ



 
整った顔立ちはもちろんのこと
「ごくせん」「ラスト♡シンデレラ」
「進撃の巨人」など、たくさんの
ドラマや映画に出演されていて
多種多様な役を演じている
実力派俳優の三浦春馬さん。

そんな三浦春馬さんが
新ドラマ「わたしをは離さないで」
に出演されるのですが
どんなドラマなのでしょうか?
 

スポンサーリンク


注目されている理由とは?

TBSで、2016年1月に
金曜22時からスタートするドラマ
「わたしをは離さないで」

このドラマは非常に
期待と注目が集まっているようです。

 

いくつかその理由はあるようですが
このドラマ「わたしをは離さないで」
世界的ベストセラーをドラマ化する
というところだと思います。

 

原作の作者は、日系イギリス人作家
カズオ・イシグロさん。

 

2005年に発売され、100万部を超える
ベストセラーになっています。

 

また翌年の2006年
日本でも土屋政雄さんの翻訳で
発売されました。

 

2010年にはイギリスで
映画化もされています。

 

そして、2014年には
蜷川幸雄さん演出で
舞台化もされています。

 

その時は、多部未華子さん
三浦涼介さん、木村文乃さんが
出演されています。

 

今回のドラマでは
綾瀬はるかさん、三浦春馬さん
水川あさみさんが出演されます。

 

この「わたしをは離さないで」
内容はもちろんですが
これまでに出演されている方
そして、今回のドラマでのキャスト

どれをとっても魅力的であることから
注目れているのは納得出来ます。

原作とあらすじ

「わたしを離さないで」は
小説、映画、舞台…とありますが

ドラマでは
どのようになっていくのでしょうか?

 

原作では、イギリスにある
ヘールシャムという施設が
舞台になっています。

 

主人公は、キャシー、トミー、ルース
という3人です。


スポンサーリンク


今回のドラマでは、舞台は日本で
主人公は綾瀬はるかさん演じる保科恭子
三浦春馬さん演じる土井友彦
水川あさみさん演じる酒井美和
という3人になっています。

 

あらすじは
「陽光学苑」という
普通の児童施設にいる子供たち。

 

そこに恭子、友彦、美和はいるのですが
その施設の子供たちは

 

「君たちはある特別な使命を負った
子供なんだよ。」

 

と教えられて育ちます。

 

そして、ある日、施設側から
その使命について語られるのです。

 

「君たちは、臓器提供のためにつくられた
クローン人間なんだ。
施設から出た後は、時期に
臓器を提供しなければならなくなる。」

 

自分がクローン人間だと知った
施設の子供たちは絶望的な気持ちになる…

 

あらすじを知って
とてもショックな気持ちになりました。

 

しかし、命の大切さや生き方について
深く考えることの出来る
ドラマだと思います。

キャストのドラマへの感想

「わたしを離さないで」について
綾瀬はるかさんは

 

「静かに、穏やかに
心に問いかけてくるのですが
受ける笑撃はとても強い。」

 

三浦春馬さんは

 

「原作を読み終えたとき
生きることは常に欲求だ
と伝えられた気がしました。」

 

水川あさみさんは

 

「台本を読んで、絶望に満ちた話で
なかなか感情がザラつき
心が重たくなります。」

 

と言われています。

 

内容がはっきりと分からないように
言われているのですが
三者三様、役柄によって
違いもあるのでしょうが

命について、生きることについて
深く考え、問いかけるドラマなんだな
と思いました。

 

今までにはないような展開や内容で
命の大切さを
改めて感じると思うのですが

ただ重い内容のドラマなのかな?
と思うのではなく
私自身もたくさんの事を感じ
学びながら、見たいと思いました。

 

小説を読んでドラマを見る
ドラマを見てから小説を読む…
様々な見方が出来る
「わたしをはなさないで」に
大注目です。

 

 

イケメン俳優

 

1位トム・クルーズの身長は?「イケメンは背が低い」

2位ブラッド・ピットの髪型はショート派?「ファイトクラブは最高」

3位「ターミネーター2」子役はどこに?エドワード・ファーロング…

4位トム・クルーズ「映画トップガン」のバイクとは?

5位ジョニー・デップの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す