ダッシュ村の現在は?【出張ばかりじゃね…】やっぱり福島がいい!



 
出張ダッシュ村は、いつから始まったのかと思って調べてみると…

2011年4月、愛知県の守口大根のお手伝いの記録がありました。

明雄さんもお元気でした。

本家のダッシュ村の記録を見てみると、2011年3月11日
東日本大震災の数日後、退避指示に従って
出演者やスタッフが、村から引き揚げたとあります。
 

スポンサーリンク


ダッシュ村が避難区域に…

退避指示からまもなく「計画的避難区域」へと指定されて
鉄腕ダッシュの放送には、ダッシュ村は出てこなくなりました。

 

そしてダッシュ村の所在地が、福島県浪江町であることが公表されています。

 

出張ダッシュ村が始まったのは、原発事故が関係していたんですね。

 

地図に残る村を作る!

 

ということで、TOKIOのメンバーは頑張っていたのですが
大きな現実の前には勝てなかった、ということのようです。

ダッシュ村

全国の農家の皆さんのお手伝いということで、5人の農業修行は続きます。

 

2011年は愛知県を皮切りに、番組は7か所を訪れています。

 

2012年は16か所、2013年は15か所、2014年は14か所
2015年は12か所といった具合です。

 

野菜や果物、各地の名産物の栽培されている様子が放送されました。


スポンサーリンク


沖縄県のピーマンは美味しい

2016年に入ってからも、練馬大根、群馬県の白菜、長崎県のアスパラガス
熊本県の新タマネギ、沖縄県のピーマン、千葉県のとうもろこし
鎌倉野菜のお手伝いをしています。

 

沖縄県のピーマンは、諸見謝(しょみじゃ) さん(27歳)のところへの訪問でした。

 

TOKIOのメンバーは、松岡くんと山口くんがお邪魔しています。

 

諸見謝さんが19歳の時、他界した父親の後を継ぐことになり
右も左もわからないままに始まった、農業だったようです。

 

先輩農家さんに教わりながら、苦労を乗り越えて、生でも甘くておいしい
しかも大きなピーマンを、育てることが出来るようになった様子が伝えられました。

 

2人は、生でかじって、諸見謝さんのピーマンを褒めていました。

 

振り返ってみると、お手伝いというよりは
頑張っている諸見謝さんのピーマンの紹介ですね。

 

2人がピーマンの出荷前の選別にチャレンジしたあと
ピーマンの地元の食べ方の紹介!

 

アグー豚とピーマンのチャンプル、ピーマンの肉詰め
ピーマンを麺に練りこんだ、ピーメンのジャージャーメン
沖縄ポークとピーマンのてんぷらを、松岡くんと山口くんが料理をして
諸見謝さんたちと食べていました。

 

そんな鉄腕ダッシュの歴史の中、ダッシュ村でTOKIOのメンバーに
農業を教えた明雄さんは、2014年6月に84歳で他界されました。

 

そして今も、ダッシュ島、ダッシュ海岸、新宿ダッシュ、その他の企画で
現実に夢を織り交ぜて、TOKIOの挑戦は続いています。

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す