DASH海岸【海のフォアグラと横綱伊勢エビ】で超豪華ディナー!



 
久しぶりのダッシュ海岸。

今回は、TOKIOの海の先生である、海洋環境専門家の
木村さんの還暦のお祝いスペシャルでした。
 

スポンサーリンク


アサリとエサにカワハギと獲る

まず始めに、リーダーが、ダッシュ海岸に増えすぎた
アサリを間引きし始めます。

 

でも、ただ間引くだけではありません。

 

番組が進行して分ったことですが、アサリをエサにして
木村さんの還暦のお祝いに
食べてもらうものを獲りに行くということでした。

 

さて、獲りに行く場所は、千葉の南房総あたりです。

南房総

黒潮の強いの流れによる、きれいな砂地。

 

そのフカフカの砂地は、いい漁場なんだそうです。

 

たくさんのエビや、小魚が生息しているので
それらを食べに、大きな魚がよってくるらしいです。

 

漁師の酒井さんにサポートしてもらいながら
リーダーは「がま口漁」という方法で、最初の獲物を狙います。

 

「がま口漁」というのは、財布のがま口のように
網が開閉出来る仕組みになっている網で
その真ん中の針金に、エサをつけておく仕掛けで
パクっと捕まえるというものです。

 

そこで、さっきのアサリがエサになるんです。

 

しかも、味付けしていました。

 

塩1、旨味調味料2の割合で、アサリを
がま口漁の網に仕掛けます。

 

その網を沈めると、海底で開きます。

 

秘密兵器のカメラで、網によってくる魚の様子が見えていました。

 

すぐに、エサによってくるんですね。


スポンサーリンク


そして、お目当ての海のフォアグラである
「カワハギ」の大漁となりました。

 

すでに、木村さんに

「今までで、おしかったのは何ですか?」

と、リーダーがリサーチしていたようです。

 

南房総あたりのカワハギは、海のフォアグラと言われ
とても美味しいらしいんですよね。

五島列島の横綱伊勢エビ

さて今度は、山口くん出番です。

 

なんと場所は、五島列島。

 

そして、山口くんが狙うのは伊勢エビです。

伊勢エビ

お世話をしてくれるのは、地元の素潜り漁の達人である川村さん。

 

川村さんが言うには、1kg以上の
横綱級の伊勢エビがいるらしいということで
山口くんも表情もノリノリになります。

 

伊勢エビを捕まえるには、おびきよせるために
タコが必要だということで、まずはタコをゲットしに行きます。

 

しかし、意外と苦戦します。

 

「海の忍者」とも言われるタコは、自分の体の色や形を自由自在に変えて
見つからないようにするからです。

 

やっと捕まえたタコをくくりつけて、伊勢エビを脅して
伊勢エビが逃げる方向に網で待ち構えて、捕まえるのですが
「タコ脅し漁」という伝統の方法なんだそうです。

 

1kg以上の横綱級の伊勢エビを捕まえるまで
山口くんは39回のダイブを繰り返します。

 

山口くんは、本当にタフですね。

 

そして、アナウンサーの枡さんも
金アナゴを捕まえて、合流します。

 

最後は、和食の鉄人の中村孝明さんに調理してもらい
サプライズで、木村さんの還暦のお祝いの席が設けられました。

 

木村さん、本当に嬉しそうでした。

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す