ダッシュ島【ウニとアワビを贅沢に食す】無人島史上最高額の2万円!



 
今回は、2017年10月15日(日)の放送内容から
ダッシュ島での様子をお伝えします。

山口達也さんの素潜り漁で獲ったウニとアワビを
メンバー4人で味わっていました。

それは、無人島史上最高額2万円以上分になるそうです。
 

スポンサーリンク


山口達也がクロアワビとアカウニをGET!

ダッシュ島の西の方
山口達也さんの素潜りのシーンから始まりました。

 

深さは3m。

 

探していたのは、クロアワビ。

およそ1分半の間の素潜りで、アワビを1枚ゲット。

 

息が切れる寸前だったようです。

 

山口達也さんは、再度潜っていきます。

 

今度は、5mです。

 

そして、幻のウニと呼ばれるアカウニを手に入れました。

15分くらいで、収穫はウニ11個、アワビ2枚。

 

山口達也さんは、メンバーのもとへ持ち帰ります。

 

待っていたのは、久々の長瀬智也さんと松岡昌宏さん
それから、いつもの城島茂さんです。

 

みんな感動の声をあげます。

 

無人島史上最高額となる、2万円以上の食材ですからね。

 

ここで活躍するのは、松岡昌宏さん。

 

北海道の漁師町出身で、料理にはうるさいのです。

 

山口達也さんが作った箱に、ウニを並べます。

 

塩水から取り出したばかりのものとは違って
箱の木が水分を吸った分だけ、お店の味になるようです。

 

松岡昌宏さんは

 

包丁で叩いてアワビの肝ソースを作り、アワビの上にかけて
アワビの殻で、ウニといっしょに炭火で焼きます。

 

長瀬智也さんは

「もっと、ウニ載せたほうがよくないすか?」

と言っていました。

2万円以上の食材は半生が甘い!?

炭火で焼いた「無人島史上最高額となる2万円以上の食材」が
半生になったころ、4人で食べる時間になりました。


スポンサーリンク


まずは、素潜り漁で頑張った、山口達也さんから口にします。

 

さすがにそこは、メンバーも譲っていましたね。

 

行ってらっしゃい!

 

と声がかかる中で、山口達也さんは口に運んだ瞬間に

「ゴール!」

と雄叫びをあげて、美味しさを表現しました。

 

松岡昌宏さんの

「半生のほうが甘いでしょう」

と解説が入る中で、次に食べたのは城島茂さん。

 

美味しさは顔で表現します。

 

まるで、顔芸でした。

 

すると、メンバーは不可思議な会話をします。

 

あまりにも高級食材の感動が大きくて、冷静さを失ったようです。

 

山口達也さんが

「写メで撮っておけばよかった」

と言えば、長瀬智也さんは

「動画で撮っておきたかった」

と言います。

 

よく考えたら、全てテレビのために撮影されているのです。

 

それに気づいた一同は大笑い。

 

山口達也さんには、まだ大きな収穫がありました。

 

潜った海の底に洞窟があったんだそうです。

 

メンバーの妄想のような会話が始まり
ダッシュ島でかつて探索した洞窟とつながっているのではないか…

 

何か壁画のような凄いものが発見されるのではないか…

 

と盛り上がり、次は洞窟を探索することになりました。

 

う~ん、単なる妄想ではなかったのですね。

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す