【DASH島】全長500mの水路が完成!建設工事って大変だね…


 
2年半まえから始まった、DASH島の水路作りが遂に完成しました。

いやー、TOKIOって本当に凄いです!

普通のアイドルにあんなもの作れません。笑
 

スポンサーリンク


TOKIOは普通のアイドルじゃない

最初は木の水路から始まりました。

 

板の収集だけでも一苦労でしたが、枠を作りそれを繋げる…

 

ただ繋げればいい訳ではなく、水漏れしないように知恵を絞らなければいけません。

 

どうするんだろ?

 

考えても素人の私には、さっぱり思いつきませんが
TOKIOには、培われた経験と知識があります。

 

人脈もありますからね〜

 

見事、隙間に自然の繊維を詰めるって形でこれを解決!

 

素晴らしいです!

ダッシュ島 水路

次に地面低くなってしまったけど、まだぜんぜん途中の場所で距離が残っている
さて、どうしようという局面です。

 

ここでは、下に貯めた水をポンプを使って汲み上げる
って解決法を思いつくんですよね~

 

既に職人です。

 

そこもクリアして、次は木を切らずに角度を変えるにはって問題です。

 

これも、水を貯める枠を作り見事に乗り切りました。

 

そしてようやく森を抜け、海沿いへ!

 

この時点で既に感激でしたね。

 

やったー!やったじゃん!
って感じでテレビの前で盛り上がってました。

 

ここからがまた大変でしたね。

 

横風が強いし、海沿いだから木は使えないって事になって…

 

そこでたどり着いたのが、昔の三和土(たたき)という技術でした。

 

これは、今で言えばコンクリートだそうです。

 

島にあるもので!がモットーのDASH島です。

 

石灰作りは時間も手間もかかって、大変そうだったな…

 

それでも楽しそうに作ってましたね~

 

試行錯誤しながら形を決め、こまめに三和土を作りながら土台の石も積み…

 

これを繰り返し遂に、船橋まで到達しました。


スポンサーリンク


ここからは、また木枠に戻ります。

 

見てるこっちは大変そうと思うけど、TOKIOにしたら
楽になってペースが上がるという不思議な光景。

 

ホント凄いわ~

 

分らないくらいの傾斜をつけながら、だんだん舟屋に近づいていく水路。

 

最後の防風林のところは、どう切り抜けるのかな~
って思ったら、竹でなんなく解決でした。

水路完成!水は流れる?

そして遂に完成!!やりましたー!!

 

さあ、あとは水が無事舟屋に届くかどうかです。

 

見ているこっちもドキドキでしたが、TOKIOとスタッフの方達は
もっとドキドキだったでしょう。

 

古井戸から流し始めた水は、ゆっくりいろんな難所をクリアして舟屋へ!

 

待ち受けていた城島リーダー。

 

なぜか行水スタイル…なんで!?

 

そこに貯まるのは、飲んだりもする水だぞ?って少しビックリでした。

 

でも、やっちゃうのがリーダーですね~入っちゃいました。

 

熱っ!って…

 

こっちはえっ?て…

 

長い道のりを通ってきた水は、太陽の日差しなどを受け
お湯になってました。

 

リーダーお風呂です…

 

でも、すぐ冷水に戻ってましたけど。

 

何はともあれ、無事に水路が繋がりましたー!!

 

おめでとうー!!TOKIO&スタッフの皆さん!

 

これでまた一つ、過ごしやすい島になりましたね。

 

次はどんな物を作るのでしょうか?

 

職人TOKIO、楽しみにしたいです。

 

 

鉄腕DASH

 

1位ダッシュ島の所有者は誰?スゴイ歴史が…

2位ダッシュ海岸の場所は「横浜市鶴見区」

3位ダッシュ村の場所は?出張して農家をお手伝い

4位ダッシュ島は由利島で確定!ところで場所は?

5位新宿ダッシュの場所は?屋上に生き物を呼び戻せ!

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す