べっぴんさん第9週【チャンス到来!】をリアルタイムで見た感想


 
朝ドラ、べっぴんさんの第9週は
前田美波里さんが演じた女性が
キアリスにやって来ることで、ドラマが動きました。

その女性は、ファッションショーで配った
キアリスのカードを持っていてくれたのです。
 

スポンサーリンク


前田美波里は大急の社長婦人

そのことをきっかけに、すみれがキアリスの包装紙を作ることや
子供服に、キアリスのタグをつけることを思いつきます。

 

はしゃぐのではなく、静かに考える様子がすみれっぽいですよね。

 

ここから、新聞取材の話と
大急との取引の話が、同時に展開していきます。

阪急

やはり、波乱含みでした。

 

前田美波里さんが演じた女性は
大急の、大島社長の奥さんだったんですね。

男性と女性の温度差

接待をした潔と紀夫が、偶然のチャンス到来を
引き寄せるというわけです。

 

そのあと、紀夫がすみれたちに話を持ってきます。

 

大急に、キアリスの商品を出せるかもしれないという話なのですが
夫たち男性陣と、すみれたちの女性陣の温度差がありました。

 

当事者でもない男性陣が浮かれて、女性陣はマイペースという具合です。

 

新聞取材の話は、裏切られた感じになります。

 

記事は「お母さんたちが…」となっていて
明美の写真と名前は、カットされていたのです。

 

その悔しい思いが、あとでドラマを動かすことになります。

 

紀夫がドア越しに

「妻も説得できないなんて」

と仲間たちの言葉を聞いてしまいます。

 

その夜、紀夫はすみれに

「もっとたくさんの人に知ってもらうことで
いろんな可能性が広がるんやないかなあ」

と話します。

 

精一杯の言葉でした。

 

すみれは、良子、君枝、明美に
新聞記事の悔しさを打ち明けます。

 

そして、キアリスは4人の店だ知ってもらうために
大急の商品を出したいと切り出します。


スポンサーリンク


大量の商品の準備が必要になるだろうと
すみれたちは、商店街の女性たちにお願いすることにします。

 

さらに、子供を保育所に預けることも決意します。

良子と君枝の不満

しかし、大急との打ち合わせで、子ども服のキアリスのタグを外して
大急の特選マークを付けると言われて
すみれは納得できない気持ちでした。

 

すみれの報告を受けた良子と、君枝も不満に思います。

 

そこで、すみれが大急の様子を見に行くと
売れ残り商品が処分されるのを見て、悲しい気持ちになってしまうのです。

 

そのまま、大急との2回目の打ち合わせを迎えて
大急特選のマークが付けらる以外にも、大量生産のために
工程を省くことを条件に出されます。

 

すみれは爆発するように

「そんなことをしたら、キアリスの商品ではなくなります」
「この話はなかったことにしてください」

と言います。

 

理解できない紀夫は、酒をあおります。

 

すみれは、潔とゆりにも頭を下げるしかありませんでした。

 

そんな中で、闇市を追い出された男が
キアリスの類似品で儲けようと、明美を誘ってきます。

 

襲われるのかと思いましたが、違いましたね。

 

なんか、ほっとしました。

 

この一件は、明美と住み込みで働く男の子の
心の距離を近づけるシーンにつながるようです。

 

そして、すみれは大急の大島社長に会うことになります。

 

べっぴんさんも第9週が終わりましたが
すみれのスタンスがはっきりして来ましたね。

 

※べっぴんさん第10週「商いの聖地へ」の予告はリンクから

べっぴんさん第10週「商いの聖地へ」予告

 

べっぴんさん第9週「チャンス到来!」
週平均視聴率(関東地区)は20.6%でした。

 

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す