べっぴんさん第7週【未来】をリアルタイムで見た感想


 
第7週は、すみれが紀夫の両親から
「紀夫のことは、諦めて欲しい」
と言われるところから始まります。

すみれが苦しむ1週間でした。
 

スポンサーリンク


明美がすみれの理解者に

すみれに好意を寄せている栄輔が、心の支えになろうとするというよりは
自分が「すみれの夫になれる」という思いで近づく様子は
あまり気分がいいものではありませんでした。

 

それに比べて、ぶっきらぼうな物言いながらも
明美がすみれに気にかける様子は、ホッとします。

神戸の闇市

子供のころに明美が、すみれの家の女中さんに
泥棒呼ばわりされた経験があったりして、恨みの対象であったはずなのに
今では、明美がすみれの理解者になりつつあります。

 

いいキャラクターですよね。

ベビーショップの移転

さて、紀夫の安否が分らなくて、すみれが気を沈ませているところに
靴屋(下駄屋?)の麻田さんが商店街の空き店舗に
ベビーショップを移転したらどうかと提案してきます。

 

ベビー相談室を開いた時に、人がいっぱい来るようになったからなのですが
麻田さんも、自分の商売が出来ないようになって困った様子も
少し描かれていました。

 

それで、店舗の中を見せてもらった時
すみれの目が輝いていたの見て、君枝と良子は

「すみれちゃん、やりたそうやったね」

と言います。

 

2人が、それぞれ、夫に承諾を得て、すみれを後押しするようにして
新しいお店を開く段取りが進みます。

 

君枝がお店の配置図(デザイン)を考えてきたり
ベビー用品だけではなく、子供服を作りたい
その型紙を売ればいいんじゃない?

 

という構想も浮かんできます。

 

それを五十八さんや潔さんにも報告して、喜んでもらえました。

 

さらに、生地集めも、明美の英語力(通訳)で
君枝の敷地に住む、アメリカ人の夫人にお願いすることができます。

闇市の自警団

一方で、闇市にも変化が生じます。

 

元締めが、場銭を取らないことを代わりに
物の値段を客が買いやすい値段にしてほしいと宣言します。

 

自警団も作るとも言います。


スポンサーリンク


その様子を見守りながら微笑む、五十八さん役の生瀬さんの顔が
なんだか、藤田まことさんのように見えました。

 

すみれたちのお店の近所の人のご主人が、戦士したという知らせがきて
葬儀が開かれていました。

 

すみれも手を合わせる場面がありました。

 

紀夫のことを調べていた五十八さん(すみれの父)からも

「紀夫は帰ってこないかもしれない」
「前を見るんや」

と言われてしまいます。

 

しかし、すみれは

「前って、どこですか」

と困惑して、雨の中を飛び出します。

 

「すみれちゃんに惚れたらあかんで」

 

と潔から反対されていた栄輔が
特別な思い入れがあるカサを持って追いかけました。
(かつて、栄輔の親が作っていたもの)

 

そして、またしても明美が、すみれの家にまで出向いて
すみれをなぐさめに来ます。

 

この明美の場面がなかったら、栄輔のシーンばかりになって
見るに絶えないものだっただろうなぁと思います。

紀夫からの手紙…

仕事場に向かおうとした朝に、ついに栄輔が告白しようとした時に
生きていた紀夫からの手紙が届きます。

 

ようやく、希望が見えました。

 

すみれの姉の百合も、近江で修行することを決心します。

 

久しぶりに、近江にいる静子役の
三倉茉奈さんの顔も見れて、良かったです。

 

お店の名前も、4人の名前を合わせた「キアリス」と決まり
桜の樹の下で、紀夫と再会できました。

 

このまま、前進して欲しいと思うのですが
予告などを見ると、紀夫が大変なことになるみたいですね。

 

ほんま、じれったいねぇ。

 

※べっぴんさん第8週「未来」の予告はリンクから

べっぴんさん第8週「止まったままの時計」予告

 

べっぴんさん第7週「未来」
週平均視聴率(関東地区)は21.0%でした。

 

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す