朝ドラ べっぴんさん【第17週 明日への旅】のなんだか残念な感想



 
朝ドラ・べっぴんさん「第17週 明日への旅」が終わりました。

「明日への旅」というタイトルとは反対に
第17週の終わりは光が見えませんでした…

今回は、さくらとすみれの関係に対する感想を中心にお届けします。
 

スポンサーリンク


「明日への旅」が見えなくて…

朝ドラ・べっぴんさん「第17週」の感想を短く表現すると
「明日への旅」が見えなくて残念だったとなります。

地平線

さくらとすみれの関係がクローズアップされる中で
栄輔の潔に対するファインテングポーズがありました。

 

「若者のことを研究もしないで
若者のファッションを展開するのはおかしい」

というような言葉をぶつけます。

 

大急の大島社長の台詞には、栄輔の浅さを見抜いた台詞もありました。

 

「君は、何を目指しているのか?」

という意味の言葉でした。

 

そして、この前までは
すみれの態度の方を咎めていたヨーソローのママが

「お母さんのこと、こういう人やって決めつけへんほうがええで」

とさくらを諭す場面もありました。

 

ヨーソローのママと気持ちが近づけたのは、すみれの方でした。

 

すみれは、女性の生き方、一生には
いろいろなことがあるんだと気づいていくのです。

 

しかし、その気づきは、さくらとの関係修復に活かされず
キアリスの仕事の方に反映されていきます。

 

残念なことに、さくらが

「お母さんと離れたところで暮らしたい」

と言い残したところで終わってしまうのです。

 

歯切れの悪い終わり方でした。


スポンサーリンク


さくらの目指すものは?

すみれが仕事人間で、本当に家庭をかえりみない母親であるなら
さくらが母親を嫌う理由も納得出来ます。

 

けれど目に映る限りでは、すみれはキアリスの仕事に夢中にはなるけれど
娘をないがしろにしているようには見えません。

 

また、すみれ自身がお嬢様育ちで
いわゆる不良と呼ばれるような若者たちの世界を
理解出来ないということが強調されるわけでもありません。

 

やっと、さくらに話せそうだということで、さくらのもとへ行って

「あなたの人生にマイナスになるなら、仕事をやめてもいい」

と、すみれは思いを伝えます。

 

そのあとに、さくらが

「お母さんと離れたところで暮らしたい」

と言葉を発するのですが
若者の気持ちと言えるほどの重みを感じられません。

 

また、さくらの表情を見ても
揺れやすい年齢で反抗期だというのもあてはまりません。

 

大急の大島社長が栄輔に向けた

「君は、何を目指しているのか?」

という意味の言葉とリンクしてきます。

 

今のところ、さくらは

「恋をしているということを言い出せない」

感じにしか見えません。

 

予想を超えた展開を見せてくれるといいのですが…

 

べっぴんさん

 

1位べっぴんさんのモデルは? 「ファミリア」」の創業者…

2位べっぴんさんのモデル「子供服ファミリア」どんな企業?

3位大注目!朝ドラ「べっぴんさん」のキャスト

4位べっぴんさんの主題歌「ヒカリノアトリエ」

5位べっぴんさん第1週「想いをこめた特別な品」の感想

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す