綾瀬はるかが【紅白の司会】愛すべき天然ちゃんは健在!


 
2015年12月31日の大晦日
第66回NHK紅白歌合戦に
愛すべき天然ちゃんが
満を持して再臨します。

紅白の司会でグダグダになっても
綾瀬はるかさんならOK
だってかわいいんだもん。
 

スポンサーリンク


天然の女神再臨

綾瀬はるかさんと言えば
2013年年の紅白歌合戦で

グダグダでカミカミの司会をして
国民の視線をくぎ付けにした
愛すべき天然ちゃんです。

 

本来であれば、1年を締めくくる
国民的な番組
あれだけの失態を繰り返せば
批判の嵐となるところです。

 

確かに、ネットや週刊誌では
批判を見受けることもありましたが

綾瀬はるかさんの天真爛漫さに
心を和ませてもらった感じの反応も
多かった気がします。

 

事実、2013年の紅白を見ていて
他の出演者や会場のお客さんからは
暖かい笑顔
多かったと思います。

 

憎めないし思わず笑ってしまう
綾瀬はるかさんは
そんな魅力を持った女性です。

 

いくら紅白といっても生放送ですから
綾瀬はるかさんに限らず
歴代いろいろな方が
いろいろなミスをしてきました。

 

少年隊の『仮面舞踏会』を
仮面ライダー
と言った加山雄三さん

 

引退する都はるみさんに対して
「美空…都さんに」
と言ってしまった生方恵一(元アナ)

 

本当にいろいろな
放送事故とも言えるミスが
紅白で繰り返されてきました。

 

人間ですから、生放送ですから
誰にでもミスはあるんです。

 

綾瀬はるかさんの場合
ミスをしても、笑いが起こって
雰囲気が明るくなってしまいます。


スポンサーリンク


本当に愛すべき
天然ちゃんと思います。

涙を流した綾瀬はるか

周りを明るくする才能を持つ
綾瀬はるかさんですが
紅白の放送中に
大粒の涙を流しました。

 

NHKの復興支援ソング
「花は咲く」を歌う場面です。

 

実はリハーサルのときから
涙を流していたそうで

綾瀬はるかさん本人が
本番での放送事故を
心配していたそうです。

 

そして本番

 

福島県大熊中学校の生徒たちが
復興への思いを語ったVTRのあと
思わず号泣してしまったのです。

 

「花は咲く」は涙で
まともに歌えない感じでしたが
一生懸命、最後まで歌い上げ
感動を与えてくれました。

 

同年のNHK大河ドラマ
福島県が舞台の『八重の桜』で
主演したことも
涙に影響したのでしょう。

 

心優しい、綾瀬はるかさんを
象徴するようなシーンでした。

2015年の紅白

とってもかわいらしい
綾瀬はるかさんは
2015年の紅白でも
司会を務めることになりました。

 

いささか心配ではありますが
本人も意欲的で

 

「経験があるから大丈夫」

 

的なことを言ってました。

 

大丈夫と思いますし
黒柳徹子さん、井ノ原快彦さん
有働由美子アナが
いるので心配ないと思います。

 

 

新垣結衣

 

1位新垣結衣になれちゃう?「真似メイクの方法」

2位新垣結衣の身長!実際の国民的人気女優

3位新垣結衣の髪型は「前髪関係なしで」似合ってる

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さいね!

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly
※記事を読んで楽しんで頂けましたか?



            

コメントを残す